離婚した母親の相続放棄(3ヶ月超え)【泉南市】

両親が離婚 会っていなかった母親が死亡

ご依頼人Aさんの両親はAさんが小さい頃に離婚しました。Aさんはお父様と一緒に暮らすことになり、お母様とは10年以上会っていないということでした。

そんなとき、お母様の母親、Aさんから見ると、祖母から、Aさんのもとに手紙が届きました。その手紙の内容は、Aさんの母親は亡くなった。母親は借金があるので、相続放棄を検討してください。」とのことでした。

 

両親が離婚しても子供は相続人

両親が離婚して、たとえ何十年会っていなくても、親子の関係が切れることはありません。離婚すると配偶者は相続人では無くなりますが、子供は相続人です。

母親が亡くなれば、相続の手続きをする必要があります。

相続人は、亡くなった人の財産をすべて引き継ぎます。その財産というのは、プラス財産(銀行預金など)もマイナス財産(借金など)もすべてです。プラス財産があれば、それを引き継ぐ手続きを銀行などでしますが、今回は、借金しか無いようなので、財産をすべて引き継がないという「相続放棄」を検討する必要があります。

本当に借金しか無いのか、祖母に確認することも出来ますが、Aさんは例えプラス財産があったとしても、あとから大きな借金など出てきても怖いので、祖母には確認せず、相続放棄をするとのことでした。

 

相続放棄は3ヶ月以内だが…起算点は?

相続放棄をすると、その人は相続人では無くなり、次順位の人が相続人になります。(今回だと、祖母が相続人になる。)よって、いつまでも相続人が決まらないのは困るので、相続放棄には短い期限が設けられています。亡くなったことを知ってから3ヶ月以内です。

今回だと、亡くなったことを知ったのは、祖母からの手紙を受け取ったときですが、お母様が亡くなってからは3ヶ月を過ぎていました。この場合、相続放棄を裁判所に提出する際、「事情説明書」という書類が必要になります。

 

相続放棄の「事情説明書」とは?

事情説明書とは、亡くなってから3ヶ月を超えて、相続放棄を提出する場合、「どうして3ヶ月を超えて相続放棄をすることになったのかを説明する書類」です。

今回は、両親が離婚して、何十年も会っていなかったこと、亡くなったことを祖母の手紙で知ったことなどを記載しました。

 

無事、相続放棄完了

Aさんは間違いなくきちんと相続放棄がしたいとのことで、すべて当事務所でさせて頂きました。相続放棄申述書、事情説明書の作成、必要書類(戸籍謄本など)の収集、家庭裁判所への提出をし、無事、相続放棄は完了しました。

Aさん自身は、当事務所の作成した書類に印鑑を押すだけで相続放棄が完了し、満足していただけましたし、何より「これで何も相続しなくて済む」と、安心して頂けました。

亡くなってから3ヶ月を超えた相続放棄は、その事情を説明する必要があり、きちんと出来なければ相続放棄をすることが出来ません。相続放棄が出来ないと、借金を背負う可能性があります。当事務所では、様々な相続放棄案件を経験していますので、「これはもう相続放棄できないかもしれない・・・」と思うようなことや、「確実に相続放棄がしたい!」と思っている方もお気軽にご相談ください。

ご利用いただいたサービス

相続放棄サポート

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ