【遺言/泉南市】遺言の流れ「子供たちが困らないように」

「子供たちが困らないように」との一心で遺言書作成を決意された事例

子供たちが困らないように遺言を遺したい

ご相談者様は、80代でサ高住にお住まいの方でした。奥様はご健在で、お子様は2人(長男と長女)いらっしゃいました。

自分が亡くなったあと、子供たちが困らないように遺言を遺したいということでした。

すでに自筆証書遺言(自分の字で書く遺言)は作成されており、遺言の内容については、決められていました。ただ、その理由や経緯等を聞き、それがベストなのかは何度も打合せさせて頂きました。

そして、相続後の手続きの楽さ等を考慮して、公正証書遺言を作成することになりました。

 

遺言執行者はシーファーストで

遺言執行者とは、遺言者が亡くなったあと、遺言の内容を実現する(預貯金の解約をしたり、不動産の名義変更をする等)人のことを言います。

通常、相続人や専門家がなることが多いですが、奥様はご高齢ですし、長男さんは少しご病気もあり手続き関係は難しい、長女さんは遠方に住んでいるということで、当事務所が遺言執行者になることに決まりました。

事前に費用はご説明し見積書をお渡しし、子供達が支払うことの無いよう、その金額を事前に長女さんに渡して頂くことになりました。

これで、亡くなったあとも、遺言執行者がすべて手続きをするので、相続人の方はほとんど時間や手間を掛けず、預貯金の解約・不動産の名義変更等の手続きが完了するので、とても安心で楽です。

さらに遺言作成日当日に立ち会う証人も当事務所の職員2人がすることになりました。

 

公正証書作成は公証人に出張で来てもらう

公正証書遺言は、基本的に公証役場に行って、公証人の面前で、証人2人立ち会いのもと、作成します。ただ、公証役場に行けない等の場合は、公証人に出張で自宅等に来てもらうことも可能です。ご相談者様は、お身体的に公証役場に行くことは難しかったので、お住まいのサ高住に公証人に来てもらい、公正証書遺言を作成しました。

その後、公正証書遺言の原本は公証役場で保管してくれます。(データ化もするので、火事になったりしても安心。)正本と謄本(コピー)は遺言者がもらえます。今回は、当事務所が遺言執行者なので、当事務所でも正本を預かりました。

 

今後の流れとまとめ

遺言の作成は出来、「これで安心しました。」とご相談者様にも言ってもらえました。

ただ、遺言内容が実現するのは、遺言者が亡くなってからです。

当事務所が遺言執行者をするので、ご相談者様が亡くなったことを知る必要があるため、長女さんにはその際連絡してもらうようにしました。

連絡をしてくれるお身内等がいらっしゃらない場合は、当事務所が月に1回ご連絡させて頂くサービス等もあります。

今回は、遺言執行者も当事務所がすることで、お子様達の手間や時間も掛からず、本当に遺されるお子様達を想って作成された遺言でした。

遺言が無いことで、手続きが複雑になったり、揉めたり、手間や時間が掛かるケースをよく見掛けます。

遺言を作ることは、ハードルが高く感じるかもしれませんが、やり始めるとそんなことも無く、本当に普通の方も遺言作成されています。(周りに話さないだけで。)

遺された人のことを想い、ぜひ遺言書の作成を検討して頂ければと思います。

遺言サービス(費用等)はこちら

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ