【相続登記/貝塚市】 相続できる割合は決まっているの? 

法定相続分を超えている家を相続することは出来ない?

 

 

不動産を相続したいが法定相続分である4分の1を超えてしまうとの相談

相続できる割合は決まっているのでしょうか。

Yさんのお父様がお亡くなりになり、不動産や預貯金等の相続手続きをしたいということでご相談に来られました。

お話をお伺いすると、相続人は、YさんとYさんの妹様、そして、お父様の後妻の方でした。

そして、相続財産は、不動産と預貯金でした。

Yさんとしては、不動産に関しては、自分名義にしたいが、「自分の法定相続分は4分の1」で、預貯金を考えると法定相続分より多くなるので、どうしたら良いかというご相談でした

必ず法定相続分で分けなければいけないというわけではない

民法では、遺産の分け方の目安として「法定相続分」が決められており、それによると、確かにYさんの「法定相続分」は4分の1です。

しかし、遺言書が無い場合の遺産は、必ず法定相続分通りに相続しなくてはならないというわけではありません

相続人全員が合意すれば、遺産分割協議により、法定相続分と異なる割合で分割することも可能です。そのことをYさんにご説明させて頂きました。

話し合いの結果2分の1ずつ分ける事で話がまとまった。

そして、Yさんは、相続人全員で話し合うことにし、不動産はYさん、預貯金は妹様と後妻の方で2分の1ずつ分けることになりました。

結果、法定相続分とは違う割合になり、当事務所で、その内容の遺産分割協議書を作成し、相続のお手続きをさせて頂きました。

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ