• アクセスはこちら
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-079-077

平日9:00~18:00
土・日・祝日・夜間も相談可能!

相続⼟地国庫帰属制度LP

親から相続した⽥畑、⼭林、遊休地など
負動産を処分したい⽅へ

親から相続した不要な田畑、山林、
耕作放棄地など負動産の処分
相続土地国庫帰属制度の申請についての
ご相談は当事務所にお任せください!

0120-079-077

受付時間 9:00~18:00

土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

当事務所がこれまで受けてきた相続相談の中で、
相続の専⾨家としても対応に困ってしまうのが

資産価値の低い不動産についてでした。

資産価値の低い不動産
についてでした。

親から不動産を相続した⽥畑、⼭林、耕作放棄地などいわゆる
負動産と呼ばれる⼟地について

親から不動産を相続した
⽥畑、⼭林、耕作放棄地などいわゆる
負動産と呼ばれる⼟地について

こんなお悩みはありませんか?

  • 相続したけど、活⽤⽅法が⾒出せず、
    できれば売却するなど処分したい
  • 現在住んでいる場所から離れているため、
    管理が難しい
  • 固定資産税がかかってしまう
    ため、早めに⼿放したい
  • 次の相続で家族に迷惑をかけない
    ためにも、今のうちに⼿放したい
  • ⼿放すために
    売却しようにも評価が付かず
    まともに対応してくれる不動産会社がない
  • 相続放棄をすると、
    その他の財産も⼿放す必要がある

このようなご相談を多く受けてきました。

不要な田畑、山林、耕作放棄地などいわゆる負動産を保有すると

以下のようなデメリットがあります

以下のような
デメリットがあります

  1. デメリット 01

    負動産を所有しているだけで
    毎年固定資産税の⽀払いが必要になります

  2. デメリット 02

    耕作放棄地は、
    固定資産税が通常農地の約1.8倍高くなります

  3. デメリット 03

    土地の活用も簡単ではなく、
    維持や管理コストが大きな負担になります

  4. デメリット 04

    放置したまま次の相続が発生すると
    再度書類収集の手間や相続登記費用がかかります

    相続が発⽣すると名義変更に必要な
    書類収集の⼿間や登記費⽤
    がかかります

このような問題を解決するため、令和5年4⽉27⽇から

新制度「相続⼟地国庫帰属制度」がスタートしました。

「相続⼟地国庫帰属制度」は分かりやすく⾔うと、

相続したけど不要な「負動産」を国に引き取ってもらう制度です。

このような問題を解決するため、
令和5年4⽉27⽇から

新制度
「相続⼟地国庫帰属制度」
がスタートしました。

「相続⼟地国庫帰属制度」は
分かりやすく⾔うと、

相続したけど不要な「負動産」
を国に引き取ってもらう制度です。

上記のような遊休地、耕作放棄地などを相続して困っていた⽅の問題を
解決してくれる制度として、⼤きな注⽬を集めています。

上記のような遊休地、耕作放棄地などを相続して困っていた⽅の問題を解決してくれる制度として、⼤きな注⽬を集めています。

無料
相談

相続土地国庫帰属制度申請
遊休地・負動産の処分についての
ご相談はお任せください!

お問い合わせこちら
0120-079-077

受付時間 9:00~18:00

土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

相続⼟地国庫帰属制度の申請⽅法

相続⼟地国庫帰属制度を利⽤する際の承認申請の⽅法と、
⼟地を国に引き渡すまでの流れは以下の通りです。

相続⼟地国庫帰属制度
の申請⽅法

相続⼟地国庫帰属制度を利⽤する際の承認申請の⽅法と、⼟地を国に引き渡すまでの流れは以下の通りです。

STEP 1

法務局に申請

STEP 2

法務局担当者による書類・実地審査

STEP 3

負担⾦の納付・国庫帰属

負担⾦の
納付・国庫帰属

相続⼟地国庫帰属制度を使うには、まず法務局に対して承認申請を⾏うことからスタートします。

この申請には⼿間が多くかかり、該当の⼟地の特定や境界の確定、負担⾦の算定など、
申請書類をする上でも司法書⼠、⼟地家屋調査⼠などの専⾨知識なども必要になります。

この申請には⼿間が多くかかり、該当の⼟地の特定や境界の確定、負担⾦の算定など、申請書類をする上でも司法書⼠、⼟地家屋調査⼠などの専⾨知識なども必要になります。

相続した不要な土地、不動産の処分は私たちにご相談下さい

相続した不要な土地、不動産の処分は
私たちにご相談下さい

「負動産処分サポート」のご案内

「負動産処分サポート」に関わるサポート費用

「負動産処分サポート」に
関わるサポート費用

275,000円〜(税込)

各種必要書類収集、書類作成、申請書提出、法務局とのやり取りを弊所にて⾏います

  1. 1.不動産情報の資料収集
  2. 2.地元不動産仲介会社への打診、選定(売却検討)
  3. 3.対象となる不動産の現地調査(必要に応じて)
  4. 4.不動産処分方法の検討、ご提案
  5. 5.負動産処分専門会社の選定、決定
  6. 6.不動産売却代理(不動産会社との各種手続)

※上記は手続きの代行費用であり、国・不動産会社への負担金、書類作成時にかかる実費が別途発生します
※現地視察が必要な土地の場合、別途日当、交通費をご請求させていただきます

無料
相談

相続土地国庫帰属制度申請
遊休地・負動産の処分についての
ご相談はお任せください!

お問い合わせこちら
0120-079-077

受付時間 9:00~18:00

土・日・祝日・夜間も相談可能!(要予約)

全ての「不動産」が引き取ってもらえるわけではない!?

ただし、全ての遊休地、負動産を国に引き取ってもらうことができるわけではなく、
いくつかの条件があります。

全ての「不動産」が
引き取ってもらえるわけ
ではない!?

ただし、全ての遊休地、負動産を国に引き取ってもらうことができるわけではなく、いくつかの条件があります。

  1. CASE1

    申請をすることができないケース(却下事由)(法第2条第3項)

    申請をすることができないケース
    (却下事由)(法第2条第3項)

    1. A 建物がある⼟地
    2. B 担保権や使⽤収益権が設定されている⼟地
    3. C 他⼈の利⽤が予定されている⼟地
    4. D ⼟壌汚染されている⼟地
    5. E 境界が明らかでない⼟地・所有権の存否や範囲について争いがある⼟地
  2. CASE2

    承認を受けることができないケース(不承認事由)(法第5条第1項)

    承認を受けることができないケース
    (不承認事由)(法第5条第1項)

    1. A ⼀定の勾配・⾼さの崖があって、管理に過分な費⽤・労⼒がかかる⼟地
    2. B ⼟地の管理・処分を阻害する有体物が地上にある⼟地
    3. C ⼟地の管理・処分のために、除去しなければいけない有体物が地下にある⼟地
    4. D 隣接する⼟地の所有者等との争訟によらなければ管理・処分ができない⼟地
    5. E その他、通常の管理・処分に当たって過分な費⽤・労⼒がかかる⼟地
出典︓法務省『相続⼟地国庫帰属制度の概要』

「相続土地国庫帰属制度」の条件が厳しいため、
全ての「負動産」が手放せるわけでないのです

「相続土地国庫帰属制度」の条件が厳しいため、全ての「負動産」が手放せるわけでないのです

でも、上記条件に当てはまったとしても諦めないで!

他にも負動産を処分できる方法があります!

不要な遊休地、負動産を⼿放すための⽅法は「相続⼟地国庫帰属制度」の活⽤以外にもありますので、
上記の「申請ができない/承認を受けることができない条件」に当てはまったとしても諦めないで下さい。

弊所は不要な遊休地、負動産を専⾨に扱う不動産コンサルタントとの連携を取ることで、
相続に伴う不動産処分をサポートすることが出来ます。
※見積もりには費用がかかります。
※どうしても引き取れない不動産もあります。(農地など)

不要な遊休地、負動産を不動産会社に会社に引き取ってもらうことで、
「早期に」「ほぼどのような条件の不動産でも」処分が可能です。

当事務所は、大阪府大阪市、堺市、岸和田市に3つの事務所を展開する
司法書士法人・行政書士法人C-first」は相続の専門家として、
ご相談者に代わって相続手続きから不動産会社とのやり取りを代行サポート(不動産売却代理サポート)することが可能です。

でも、上記条件に当てはまったとしても
諦めないで!

他にも負動産を処分できる
方法があります!

不要な遊休地、負動産を⼿放すための⽅法は「相続⼟地国庫帰属制度」の活⽤以外にもありますので、上記の「申請ができない/承認を受けることができない条件」に当てはまったとしても諦めないで下さい。

弊所は不要な遊休地、負動産を専⾨に扱う不動産コンサルタントとの連携を取ることで、相続に伴う不動産処分をサポートすることが出来ます。
※見積もりには費用がかかります。
※どうしても引き取れない不動産もあります。(農地など)

不要な遊休地、負動産を不動産会社に会社に引き取ってもらうことで、「早期に」「ほぼどのような条件の不動産でも」処分が可能です。

当事務所は、大阪府大阪市、堺市、岸和田市に3つの事務所を展開する「司法書士法人・行政書士法人C-first」は相続の専門家として、ご相談者に代わって相続手続きから不動産会社とのやり取りを代行サポート(不動産売却代理サポート)することが可能です。

事務所名

司法書士法人・行政書士法人C-first

住所

【岸和田事務所】
〒596-0823 大阪府岸和田市下松町5058番地 MM88ビル

【大阪事務所】
〒550-0014 大阪市西区北堀江1丁目3番17号 HORIE HILLS 603号

【堺事務所】
〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル5階

代表者

山内 浩(やまうち ひろし)
大阪司法書士会所属登録番号 大阪第1660号
簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第312554号

ホームページ

C-firstグループホームページ
https://c-first.jp/

堺東駅前シーファースト相続相談窓口
https://www.sakai-souzoku-yuigon.com/

無料
相談

相続土地国庫帰属制度の申請や遊休地・負動産の処分についてのご相談はお任せください!

お問い合わせ

お問い合わせいただいた内容につきましては、3営業日以内に改めて担当者よりご連絡させていただきます。

ご相談目的

氏名

会社・部署

メールアドレス

電話番号

お問い合わせ内容

この記事を担当した専門家

司法書士法人C-first

代表社員

山内 浩

保有資格

代表社員司法書士 家族信託専門士

専門分野

家族信託 相続 遺言 生前対策

経歴

司法書士法人C-firstの代表を務める。平成6年4月に貝塚市にて開業、平成25年4月には合併を経て事務所名をC-firstに改名。高齢者の生前対策について新しい財産管理承継ツールである家族信託などを活用して、高齢者の生前対策に最適なプランを提供する。


専門家紹介はこちら
専門家紹介はこちら

主な相続手続きのメニュー

  • 相続手続きサポート 165,000円〜
  • 相続手続き丸ごとサポート 165,000円〜
  • 相続放棄サポート 44,000円〜
  • 遺言作成サポート 165,000円〜

相続手続きのご相談をご検討の皆様へ

ご自身で手続きを進めようとお考えの方も注意が必要です

相続・遺言の 無料相談受付中!詳細はコチラ 0120-079-077

相続のご相談は当相談室にお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続き丸…

    司法書士の先生及び行政書士の先生の両名共に親切に説明をして頂いて安心しました。ありがとうございました

  • 相続手続き丸…

    突然の相続問題に何が必要なのかすらも良くわかっていなかった。

  • 相続手続きサ…

    役所に相談したところ、専門家に任せる事をすすめられネットで探してまずは無料相談させて頂き全く何も知らない私たちにわかりやすく説明して下さいました

  • 遺言コンサル…

    本当にありがとう!! 何かあったら又ヨロシクお願い致します。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-079-077

    平日9:00~18:00
    土・日・祝日・夜間も相談可能!【要予約】

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
PAGETOP