解決事例 不動産の相続放棄

【相続放棄/岸和田市】市役所からの書類で発覚!
突然きた市役所からの書類で、ほとんど面識のない叔父の死と相続を知ったご依頼人。叔父の空き家は売却できず、このままでは管理義務と固定資産税が発生してしまいます。相続放棄の期限である3ヶ月も過ぎており、叔父の最後の住所地もわからない…。いったい、どのようにして相続放棄の手続きを進めていくのでしょうか。

2018年10月25日

【相続放棄/堺市】過疎化の進んだ田舎の農地を相続放…
堺市在住のご依頼人、亡くなられたお父様の相続財産は売ることも出来ないような過疎化の進んだ田舎の農地だけでした。活用の道がない土地は維持管理費(税金等)を考えると負の財産になることもあり、相続放棄した方が良い場合があります。

2017年11月17日

【相続放棄/泉大津市】相続放棄した家屋を自分で取り…
相続放棄した古家につき、「危険だから取り壊してほしい」と近隣の方から要望された泉大津市在住のご依頼人。相続放棄を済ませた家屋でも管理を継続しなければならない場合があります。相続放棄が無効にならないように対処する方法とは…。

2016年12月31日

【相続放棄/泉大津市】相続放棄の期限を過ぎて相談に…
夫が亡くなり半年が経ち、自宅を相続しようとしたところ、実は夫が義兄の借金の連帯保証人になっていた事を知った泉大津市在住のご依頼人。借金の事を考えると相続放棄するしかないが申立て期限が過ぎてしまっている今、解決方法はあるのか…。

2016年12月23日

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ