解決事例 相続放棄

【相続放棄/堺市】過疎化の進んだ田舎の農地を相続放…
堺市在住のご依頼人、亡くなられたお父様の相続財産は売ることも出来ないような過疎化の進んだ田舎の農地だけでした。活用の道がない土地は維持管理費(税金等)を考えると負の財産になることもあり、相続放棄した方が良い場合があります。

2017年11月17日

【相続放棄/和歌山県】相続放棄申立人が手続き中にお…
和歌山県にお住まいの方から相続放棄申述書の作成依頼を受けましたが、なんと手続き途中で当人もお亡くなりになられました。亡くなられた以上、意思表示が出来ないため手続きを進める事も取り下げる事も不可能な状態となりましたがその解決方法とは…。

2017年10月02日

【相続放棄/泉大津市】相続放棄した家屋を自分で取り…
相続放棄した古家につき、「危険だから取り壊してほしい」と近隣の方から要望された泉大津市在住のご依頼人。相続放棄を済ませた家屋でも管理を継続しなければならない場合があります。相続放棄が無効にならないように対処する方法とは…。

2016年12月31日

【相続放棄/貝塚市】相続人が認知症のケース
亡くなった兄に借金があるかもしれない上、相続人である母は認知症を患っているがどうしたら良いのかとご相談に来られた貝塚市在住のご依頼人。相続放棄の申立てをするには成年後見人を選任する必要があります。「成年後見制度」と「相続放棄の熟慮期間」との関係とは…。

2016年12月26日

【相続放棄/岸和田市】被相続人の最後の住所が分から…
約10年前に他界した父の相続債務に関する案内が届いた岸和田市在住のご依頼人。相続放棄の申立ては被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所にしなければなりませんが、父とは生前から疎遠であったためどこに住んでいたかも知らないとの事でした。今回の解決方法とは…。

2016年12月25日

【相続放棄/岸和田市】相続放棄の期限が迫ってきて相…
亡くなられた被相続人の財産の中には負債も多く、相続すべきか相続放棄すべきか迷われている内に相続放棄の期限が迫っていた岸和田市在住のご依頼人。このまま決心がつかないまま、相続放棄の申立て期間を超えてしまうのか…。

2016年12月24日

【相続放棄/泉大津市】相続放棄の期限を過ぎて相談に…
夫が亡くなり半年が経ち、自宅を相続しようとしたところ、実は夫が義兄の借金の連帯保証人になっていた事を知った泉大津市在住のご依頼人。借金の事を考えると相続放棄するしかないが申立て期限が過ぎてしまっている今、解決方法はあるのか…。

2016年12月23日

【相続放棄/和泉市】相続した連帯保証債務を上手に処…
自己破産をしたいと相談に来られた和泉市在住のご依頼人でしたが、亡くなった方が連帯保証人になっている場合の自己破産には注意が必要です。他の相続人に連帯保証債務を相続させないためにするべき相続の手続き、そして相続放棄の手続きとは…。

2016年12月22日

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ