[相続トータルサポート/大阪市]行方不明の相続人がいるため相続手続きを進められなかったケース

唯一の相続人が行方不明なため故人の預貯金を引き出すことが出来ないとの相談

唯一の相続人であるBさんと連絡を取らないと500万の預金が引き出せない。

ある金融機関様からのご紹介で行方の分からない相続人のいる相続案件の相談を受けました。

相談者様には、姉Aさんがおりましたが、半年前に亡くなり、Aさんには500万円ほどの預貯金がありました。Aさんの旦那様もご両親もすでに亡くなられており、旦那様と結婚する前に一人子供Bさんを出産していましたが、出産後すぐ朝鮮籍のご夫婦と養子縁組され、その後の消息は不明でした。

Aさんの預貯金を相続できるのはBさんだけですので、まずBさんを探さないといけません

韓国では「本人・配偶者・直系血族」しか戸籍がとれないためBさんの行方を追う事は出来ませんでした。

養子縁組したのは昭和23年のことであり、旧法化では、昭和27年4月27日以前に朝鮮籍の者と養子縁組をして朝鮮籍の戸籍に入籍している場合には、日本国籍を離脱することになるので、日本の戸籍ではなく韓国の戸籍をとらなければなりません

そこで相談者様は領事館で韓国の戸籍である家族関係登録簿等の証明書を請求しようとしましたが、請求できる人は例外はあるものの、本人・配偶者・直系血族のみであり、傍系血族・兄弟である相談者様は請求すらできず、Bさんの消息は一向にわかりませんでした。

相談者様は、老後の面倒をみていたAさんの預貯金を解約できずに困っておられました。

金融機関様からのご提案を頂き、一転解決へ

このような事情をくみとった金融機関様から 「Bさんを除いた、Aさんのご兄弟でAさんの預金を遺産分割し、Bさんが戻ってきた場合は、今回受取った遺産(お金)をBさんにすべて返すという、条件付きの遺産分割協議書を作成すれば、Aさんの預貯金を解約して遺産分割してもよい。」 との提案を受けましたので、当事務所が遺産分割協議書作成から解約払戻し及びご兄弟への遺産分配までの遺産承継業務をさせて頂きました。

今回は預金だけが相続財産だったので、金融機関さんとの打合わせ等で無事解決しました。 このケースのように戦前戦時中など朝鮮籍へ養子に出され、行方が分からない場合もあると思います。
相続人の行方がわからないからといってあきらめて放っておかずに当事務所に一度ご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ