【相続放棄/岸和田市】市役所からの書類で発覚!

市役所からの書類で発覚!

 

身に覚えのない市役所からの書類で、相続人になったことを知ったご依頼者。空き家の管理義務が発生しており…

ご相談者様は突然届いた市役所からの書類に驚き、ご相談にいらっしゃいました。

その書類は、身に覚えの無い市役所からで「空き家等の適正管理について」という書類でした。

内容としては、ご相談者様の叔父さんと思われる方が亡くなり、その方がお持ちだった一戸建てが空き家で放置されており、立木や草木が繁茂し、害虫等の発生する可能性があり、周りに迷惑が掛かるので、きちんと管理してくださいというものでした。

さらに、古い家と草木が生い茂った写真が同封されていました。

ご相談者様としては、その叔父さんとはほとんど面識は無く、亡くなったことも知らなかったのでかなり驚かれたようです。

そして、市役所からの手紙には、ご相談者様のことを「ご相続人であるあなた」とも記載されておりました。おそらく、叔父さんにはお子様がいらっしゃらなかったか、亡くなっているか、相続放棄されており、ご相談者様のお父様はすでに亡くなられているので、代襲相続人として、ご相談者様が相続人になったと想定されました。

 

売却が難しそうだったため、相続放棄を受任。

相続人だと、不動産を取得する権利もありますが、固定資産税を払ったり、不動産を管理する義務も発生します。今回も不動産自体が売却可能かどうか一応確認しましたが、売却は難しそうでしたので、相続放棄をすることになり、ご依頼を受けました。

 

甥の方が相続放棄をするとなると、以下のようにたくさんの書類が必要になります。

・被相続人の戸籍附票又は住民票除票

・被相続人の出生~死亡までの戸除籍謄本

・被相続人の子が死亡している場合は、その子の出生~死亡までの戸除籍謄本

・被相続人の直系尊属の死亡記載のある戸除籍謄本

・被代襲者(甥の父親)の死亡記載のある戸除籍謄本

・甥の戸籍謄本

 

当事務所ですべての必要書類を取得、上申書、相続放棄申述書、事情説明書を家庭裁判所に提出して、相続放棄が完了。

被相続人の住所等も分からない中、ご相談者様がご自身で上記書類を揃えるのは大変ですので、当事務所ですべての必要書類(戸籍謄本等)を取得させて頂きました。

 

相続放棄を申述する家庭裁判所の管轄は、被相続人の最後の住所地になりますが、叔父さんは平成19年に亡くなっており、叔父さんの戸籍附票及び住民票除票は、市役所の保存期間を過ぎており、取得することは出来ず、叔父さんの最後の住所地が分かりませんでした。

 

管轄が分からない場合は、「おそらくここであろう」と思われる家庭裁判所に上申書を提出します。今回は、被相続人の戸籍謄本の死亡地及び一戸建ての場所を管轄する裁判所に提出しました。他、被相続人死亡から3ヶ月経過していましたので、相続放棄申述書の他、事情説明書も提出しました。

そして、無事、相続放棄が完了しました。

最近は売却が出来ず(買ってくれる人、もらってくれる人がいない。)、固定資産税だけ発生する不動産も多く、相続放棄をする方が増えています。相続放棄は期限がありますので、ご不安な方はすぐご相談ください。

 

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ