【生前対策/岸和田市】内縁の妻に持ち家に住み続けて欲しいが、いずれは実子に相続させたいとご相談に来られたケース

内縁の妻に持ち家に住み続けて欲しいが、いずれは実子に相続させたいご相談

生前対策しないと希望通りの相続にならない?!

相談者のEさんは内縁関係のA子さんと自分の持ち家で二人暮らしをしていました。

お二人とも前妻前夫の間に一人ずつ子供がおりますがどちらも独立していました。

Eさん死後は持ち家とその土地を実子(以下F君)に継がせるつもりでいましたが、A子さんが生きているうちはA子さんに暮らして欲しいとお考えでした。

何も対策をしないままでいると、家はF君の物になり、F君の意向次第ではA子さんはそのまま住めなくなる可能性もありました。

かといって遺言を残しA子さんに家を相続させるとA子さんの死後にA子さんの実子の物になってしまいます。

希望を実現するために、家族信託をご提案。

その解決方法としてC-firstから家族信託をご提案させて頂きました。

今回のプランでは、Eさんが委託者兼第一受益者、A子さんを第二受益者とし、A子さんの死亡により信託を終了させることにしました。

そうすることによりA子さんはその家で暮らし続けることができ、その死後、家はF君の物になります。

また、万が一、F君とA子さんが争わないように当法人が監督人となり信託の内容をきちんと遂行される事を見守ることにしました。

信託契約書を作成し、信託登記を完了。

この内容でEさんにご納得頂け、当法人へご依頼頂けることとなりましたので信託契約書を作成し法務局に登記申請をすることで無事に信託登記を完了することが出来ました。

遠い将来ですが、Eさんの家と土地はA子さんが生涯を全うした後、無事にF君へ受け継がれることでしょう。

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ