【相続放棄/堺市】過疎化の進んだ田舎の農地を相続放棄したケース 

過疎化の進んだ田舎の農地を相続放棄するご相談

父親が亡くなり、相続が発生。売れない農地を相続放棄したいご依頼人がご相談に。

農地を相続放棄したいとのことでEさんがご相談に来られました。

お父様が亡くなり相続財産として農地だけが残され、その他預金や借金はありませんでした、Eさんの母はすでに亡くなっており兄弟もおられないので相続人はEさんだけでした。
お父様が祖父から継いだ農地でしたが過疎化の進んだ田舎なので、売る事も出来ません
またEさん自身も農業とは無縁であったため活用する道もありませんでした。
土地は維持管理費(税金等)を考えると負の財産になることもあるので相続放棄するのが良いのではと思いご相談に来られました。

相続放棄申述書の作成を当事務所で行う、相続放棄ライトプランを受任。

難しいケースではなかったので当事務所がお手伝いできることとEさま自身で相続放棄手続にご協力していただけることを相談しながら進めることができる「相続放棄ライトプラン」をご利用になられました。
「相続放棄ライトプラン」は相続放棄申述書の作成を当事務所に依頼したい方向けのプランです(相続放棄徹底診断および親戚への相続放棄「まごころ」通知サービスを含む)費用も抑えることができます。

無事に裁判所から相続放棄が認められ、市役所に受理通知書を提出、手続きが完了。

こちらのプランをご利用いただき、無事に相続放棄が認められたことでEさんも大変安心しておられました。
その後、Eさんは市役所に相続放棄申述受理通知書(写し)を提出し手続きを終えたという事例でした。

お気軽にお問い合わせください
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ